半ば、失神していたが、友哉を薄目で、愛しそうに見ていた。セックスで、世界中の感動と快楽をプレゼントされたような嬉々とした目だ。
line素晴らしい快楽の美。三年が過ぎて無事だったらdots。生きていたら、結婚してもいい。この女は白眉だ。
 友哉は、まずは松本航に「新しい恋人が出来たから、涼子の件はなかったことにしてくれ」と謝罪に行かなければいけないと思い、またゆう子のことではトキとの約束があるから、また、