急にこじれてしまい、友哉は焦った。
 さっき、結婚を考えてもいいと決心した女と、瞬く間に大ゲンカだ。まるで、結婚してほしいと言う女にプロポーズをしようとしたら、その前に断れたようだ。
「ゆう子さんはお金を欲しがらないから、そのリングで優しくしてあげるんでしょ」
 友哉の左手を見た。