「わたし、性欲が強い。きっと、あなたのような男が目の前にいたらだけどね。別荘はいいアイデア。とりあえず三年契約にしない? 三年で終わる仕事でしょ」
と提案する。三年間は別れないという意味で提案したが、言葉足らずだった。友哉がさかんに「三年待て」と言っていた言葉を、利恵自身も口にしているのに、利恵はそれを分かっていなかった。友哉も、もう疲れてしまったのか、利恵の「三年待つ」と言うニュアンスに気づかない。