力なく言った。
「もう、うるさい。なんでもいいよ」
「うん。帰国したら、お金だけの女になるよ。友哉さんとは一回一万円くらい。あ、ゆう子さんがいるから、ノーマルのセックスは必要ないね」
 見ると、友哉は寝息を立てていた。
 利恵は肩を落とし、涙を流していた。
lineなんでこじれてしまうんだろう。ちょっとムキになっただけで。別れる気なんかなかったのにdots