「帰らなくていいよ」
 友哉は利恵の手を握ったまま、彼女をまたベッドに引きずり込んだ。いったん、スカートを穿いた彼女のそれを脱がせ、全裸にしてしまう。
「カラオケボックスをラブホ代わりか。若気の至りとはいえ、そんな女を結婚対象にする男は、自分に自信がない、何もかもあきらめている男しかいない。またはセックスできれば、どんな女でもいい男かな」