「他に何か調べる? 友哉さんのことを嗅ぎ待っているよ」
「それは当たり前だ。そんなに悪い奴じゃないから、その子でも捜してやれば?」
「それは無理。その女の子は友哉さんとはまったくの無関係だし、名前しか分からない。児玉咲」
「警察で見つけられないんじゃ、死んでるか。どうでもいいよ」
「ハードにクールだね」