「なんなの、その反抗的な目付きは。だからね。お母さんと同じになるって意味よ」
「顔でしょ」
 そう指摘すると、またびんたがゆう子の頬を叩いた。右手の中指に指輪をしていて、それが頬骨に当たると、ゆう子は鼓膜が破裂するかと思うほどの激痛で涙を滲ませた。
「敬語、使うんだよ。こういう状況は」