「かわいいねえ。あんた、美人だから若いうちならその体に一億円以上の価値があるよ。処女のまま、お金持ちを探しなさい。学校の教師とか、金のない男とやったら大損だよ」
と言うと、自虐的に自分を指差した。
「そんなお金いらない」
「あはは。じゃあ、男に何を求めるの? まさか幸せ?」
「強くてかっこいいから、それでいいんだ」
「あら、言うわね。誰を見て言ってるの? お父さんだったら大笑いよ」