どすんと音を立てて、利恵の隣に座る。三人が並んだから窮屈だ。肩に手を回そうとしたのを見て、友哉がソファから離れて、桜井の前に立った。
「俺の女に触りたいなら、正式に寝取りのセックスを申し込んでくれ」
と凄む。
 桜井は両方の手のひらを見せて参ったのポーズをつくった。
「寝取り?」