「奥原さんは酔った勢いで抱いてほしいって言ったけど、大人の知性とオーラが出てた。なんでそんなにスラスラ言えるの?」
と友哉を見つめた。
「ゆう子の性格を脳にインプットしているから、くだらない思想を言いだすのは想定内だ」
「ふーん、あなた、何者?って言いたくなる。映画の台詞みたいだけど」
「ごめんなさい。酔いは冷めました。今から何者か教えるよ」
 ゆう子が利恵を見て、頷いた。