たから別にいいなって」
「じゃあ、本当にセックスだけの関係だったんですね」
 利恵はテロや未来人の話を脇に置き、恋愛の方に関心を示した。
「厳密に言うとそうかな。片想いは嘘じゃないし、もっと複雑だけど」
「片想い、ありがとう。で、何が複雑なんだ」
 友哉はそうは訊くが、言葉とは裏腹に関心がなさそうで、ゆう子は、ちらりと友哉の顔を見て、続く言葉を飲み込んだ。「鈍感」と唇が動いていた。