「そうだったんだ。銀行に国税局の人たちがやってきたら、すぐに弁護士軍団もやってきて、びっくりした。弁護士たちは社長が呼んだんだけど、友哉さんが手を回していたのか。男のひとって怖いなあ。でもお金はだいぶ減っていた。そんなに弁護士に渡したの? 別の口座に移した?」
「リスク回避した。株や金に変えたんだ。当たり前だ。そして利恵、俺の口座を勝手に見るな」