「海外旅行に慣れてるから」
 ゆう子が体の動きを止めて、テーブルの下で友哉の足を蹴った。
「ケンカしないでください」
 苦悶の表情を浮かべている友哉を見て、利恵はおかしそうに笑った。
「ゆう子、おまえ、お喋りじゃないのか」
「うん。いつも物事をしっとり考えている女だもん。言葉遣いが男の子みたいだって言われるけどね」