友哉は利恵の顔を見て、
「君は事件当日、このバーで待機している。俺が上手くいかずに疲れたら、この場に飛んでくる。客がびっくりするかもしれないからトイレに来るかも知れない」
と言った。
「トイレの位置情報を入力しておくね」
 ゆう子がトイレに向かった。

 利恵はトイレに向かったゆう子から目を離すと、