友哉が珍しく、ゆう子を愛しそうに見ながら笑った。
「俺の感覚だと混在している技術だ」
「混在?」
「光の速度を超える。原子レベルに分解されて情報化されてまた元に戻る。そしてワームホールを通る。着ている洋服と肉体は別の技術で運んでいるかもしれないんだ。例えばdots
 友哉が左手の人差し指に嵌めていたリングを外し、足元に落とした。しかし、そのリングが友哉の指にあった。