「それで?」
「ほーら、嘘を吐くなって顔した。でも嘘じゃないよ」
 隣に座っている先輩が、「ケンカしないで」と小声で言う。
「嘘じゃないけど、それが最近、バカにされてるんだって思うようになった。付き合いやすいってこと。男の子にもさかんに口説かれるよ。姓を変えなければよかった。佐々木のままが良かったよ。怖い作家の父親がいなくなった。口説きやすくなったぜって感じ」
と言って、うんざりした顔をした。