利恵の様子が変わらないのを見て、友哉はほっとした。それに伴い、利恵に愛着も出る。成田からずっと二人が並んでいるから比較してしまうが、ゆう子とはまさに正反対の女。
 ゆう子は大らかに裸になり、それはとても新鮮な自分だけのストリッパーだった。時には半裸のまま日常の生活を進めようとするくらいだ。下着だけで冷蔵庫を見て座っている。その時胡坐をかいていることもある。パニック障害のせいで、トイレのドアもあまり閉めない。