「姉妹丼? なんなんだ」
 うんざりした顔をした友哉に目を向けると、利恵が、
「なんか、懐かしい台詞でdots
と呟いた。
「懐かしい?」
「わたし、小説家と付き合ったことも会ったこともない。だけど、友達とこんな話をしていた記憶がある感覚」