「まだですか。わたしも早く浴びたいんだけど」
「一緒に入る?」
「ゆう子さん、本当にレズなんですか」
「バイセクシャルだよ」
 声の震えを隠すために、笑いながら言った。
「奥原ゆう子と一緒にお風呂に入るのは無理です。緊張します」
 曇りガラスの向こうに見える利恵は、怒っている口調だった。