「じゃあ、三人でできないねー」
「そうやって、いつもふざけてるから、友哉さんが本気にならないんですよ。早く出てくださいね」
 やはり説教される。
 ゆう子は、「冗談が服を着て歩いてる女が、彼は好きなんだよ」と言ってやろうと思って、扉に目を向けたら、そこには友哉の影があった。
「あ、いいところにきた。別れた奥さんの旧姓を教えて」