「監視されるのは慣れているけど、また今度にしよう」
「?」
 軽い口づけだけをして、応接室に二人で向かった。そこからゆう子と通信を開始する。
「宮脇利恵には会った時にチュってするんでしょ」と、ゆう子が言う。
「え? なんで見られるの? 悪意でもあった?」
「なに? 本当にしたのか」
lineしまった。単純な誘導尋問だった。なんて女だ。