ゆう子は自分が気分がよくなっていることに気づいた。まるで、医療用大麻を点滴で入れられたみたいだ。
「晴香のことで発作を起こしただろ。娘のことでありがとう」
「利恵さん、この人、リングの力でわたしを元気にさせたの。それで余計に疲れてdots
 分かっていたのか、利恵は上着を脱ぎながら、落ち着いた様子で、
「二人とも、もっとくつろぎましょう」