「じゃあ、今の時点ではトキさんは存在しなくない? わたしたちの前に現れたんだよ。晴香ちゃんが死んでるなら、わたしたちが晴香ちゃんを助けてから存在するんだよね。dotsそれに仮に無事に晴香ちゃんを助けたとしたら、わたしと友哉さんが、三年後のパーティー会場まで頑張る必要もない。晴香ちゃんだけ生きていればそれでいいんだから」
 ゆう子が頭を抱えた。
「パーティー会場? それはなんですか」