「まあ、業界だからパーティーにいても不思議はないけどdots。わたしの近くに座っている人たちをできるかぎり調べてみたら、やっぱり芸能人の方たちだし」
と言った。
「そこの宴席のようなものが襲われるんだ。わたしは死ぬの?」
 ずっと息を飲んでいた利恵がそう訊いた。自分が三年後に死ぬかもしれない話なのだ。
「わかんない。確実に死んでいるか重傷なのはわたしと友哉さんだよ。利恵ちゃんとかきっと近くにいなくて見えないんだ。その後の記憶はないの」