「なに言ってんだ、おまえっ」
 友哉が唾を飛ばすほど声を上げると、利恵も、
「当て馬は違うと思う」
と、ゆう子を睨んだ。
「女だしね」
「そういうことじゃなくて、ゆう子さん、ずっと思ってたけど、言葉が悪すぎる」
 利恵が本気で怒りだした。