「地震がきた」
「自然災害もなし。風も吹かない」
 すると、ゆう子がふざけた口調で、
「お化けが出た」
と、かわいらしく言った。それを友哉が睨みつけた。
「なんなのいったい。怖いよ」
 叱られてばかりでもはや涙目になっていた。