「うん。友哉様なんだよね。話の辻褄が合わない」
 利恵もゆう子に同意する。
「トキに敵がいるのかも知れない」
「え?」
 ゆう子が目を丸めた。
「未来の世界で戦争があった話がAZにあるじゃないか。耳がない女がいるとか尋常じゃないぞ。トキが未来の世界の君主だとしたら狙っている敵がいて当然だ」