「その時は君たちと出会っていなくて、そんな言葉を作ったんだが、彼が俺の元カノの話をしていて、彼のニュアンスは彼女たちも助けないのかって言い方だった」
「元カノによると思う。裏切った女を命がけで救う必要はなし」
 利恵が言い切った。
「え? そうなのか」
 友哉が狐につままれたような顔つきになった。
「裏切った女も助けてさし上げるんですか」