利恵が目を釣り上げると、ゆう子が、
「違うよ、利恵さん。言葉のあや。わたしが、人間が嫌いだって話をしていたのに、テロリストから人間を救ってって言うのが矛盾してるんだ。わたしが悪いの」
と、怒ってしまった利恵をなだめるようにして言った。
「おまえは悪くないよ。学生を助けたいんじゃなくて、テロリストを殺したいんだ。ゆう子は正直者だ」
「学生も助けたいよ。きっと、いい子もいるもん」