やや無感情とも言えて、そんな友哉に魂を入れたいのか、ゆう子が
「やっぱり利恵さんを巻き込むのが嫌になったのよね。トキさんの敵がわざわざ、うちらの世界にきて松本涼子を襲うなんて考えすぎだって」
と必死に擁護する。
「帰りませんよ。だってわたしはバーでいて安全だから」
 利恵がそう言うと、
「分かった。桜井さんにもう一度、電話をしてくる」