ゆう子が肩を落として、「なんで年下のこいつや、後輩の松本涼子にもいじられるんだ、わたし」と、利恵に聞こえないように呟いた。
「ゆう子さんは彼をよく知ってるんですね。不安定な愛情って言われて怒らないなんて」
「事実を言われただけだもん。彼ははっきり言う男性よ」
「わたし、友哉さんのこと、まだあまり知らないから」
 利恵が今度は寂しそうに呟いた。
「わたしも知らないよ。本気になったところを見たことがない。本気になったらきっとdots
「きっとなに?」