「突然、現れた気持ち悪い女に優しいの」
 ゆう子は自分のことを言った。セックスだけでいいと惚けていた自分だ。
「友哉さんの悪ぶったさっきの言葉は全部、正論だけど、それを実行するかどうかは別よ。彼、優しいもん」
「まあ、わたしにも優しいと言えば優しいけど」
 男が何をすれば優しいのか分からないという顔をした利恵が、