「マジで刺す」
 ゆう子が低い声を出して言う。友哉が落ち着きをなくしているのを見て、
「どうかしたの?」
と、利恵が顔を覗きこんだ。
 利恵とはあの日から何度か食事をしていて、言葉遣いも恋人同士のようだった。
「今度、話すよ」