「わたし、寝取りなんかしない」
 思わず、気を惹く言葉を作った。しないと言いながら、微笑をしてみせる。
 ポルシェの車内。利恵はそっと友哉の胸に手を伸ばした。その手をすぐに股間に移す。どんな時でもいきなり男性の股間には手を伸ばさない。まずは、他の場所。だけどその手をすぐに股間に移動させる。それが利恵の癖であるが、そうした方が上品だとどこかで決めたのだった。