と残念そうに言った。すぐに分かりそうなものを、なぜ、長い時間、冷蔵庫を開けて見ているのかも分からない。これらの奇行で彼女の言う「優秀な男に嫌われる」として、友哉は逆に、
line面白い女だ。小説にも使えそうだ。
と興味を持つようになっていた。
 エプロンをして、「キッチンで抱いてよ」と言い、なのに料理が出来ず、電子レンジをちんするだけ。エプロンは友達が置いていったものだと、すまなさそうに言った。