「そんなこと言って、本当にレイプされたことがあったらどうするの?」
「俺は無責任にそんなことは言わない」
「はいはい。またぶれない信念のお話をどうぞ」
 嫌味な目付きで話の続きを促すと、
「レイプが傷になっているなら、それを喋りながらセックスをする。こんなふうに犯されたって言わせる」
と言い切った。
「ひどすぎませんんか」