「バカなこと言うなよ」
「やってる女、いっぱいいるよ。友哉さんさ、奈那子ともやっていてわたしはだめって、おかしい。有名女優だから? なんからしくないな。そういう差別はしない男のひとに見えるけど」
「簡単に出来て楽しいさ。だからすぐに厭きる。その時に後悔するんだ。そうdots。俺と結婚するか、一生、俺の女でいるなら別だが」
 語尾を強い口調にすると、ゆう子は顔を背けて、