「ごめんなさい。三年が一生だとしたら、そのつもりよ。わたし、淫乱じゃないよ。あなたの肉体の一部になりたいの。だけど、未来のことはわかんないもんね」
と俯いて言った。
「そういうセックスを続けて、来年の今頃、別れていたら、君のような繊細な女は自殺するよ」
「冷静な優しさ、ありがとうございます」
 ゆう子が神妙に頭を下げた。
「衝撃の片想い、大正解。だけど、ちょっと面白くない男の人ですよ」