「友哉さんみたいな男の人に抱かれてるのが幸せなんだよね。他の女に友哉さんを取られそうになったら、さっとセフレになって身を隠す。どうせ、その女は悪女だから、友哉さんが傷ついて戻ってきたら、またさっと彼女に戻る」
と言い、笑みを零した。悟っている様子だった。しかし、この言葉も彼女のことだから三日くらいしたら変わってくるのだろう、と友哉は思い、真面目に聞いていなかった。
「そうか。もういいよ。けっこう喋ったな。また今度にしよう」
「嫌いになった?」