好きにならなくていいんだ、と言っていて、嫌いになられるのは困るらしい。友哉は、女の子特有のそんな駆け引きに食傷している年齢だった。惚れられるのは悪くないが、その女もある日突然、いなくなるものだ。バレンタインのチョコを渡しておいて、その数日後にいなくなる。そんな経験も二度、三度とあった。だから、「好きだ。好きだ」と、さかんに言われてもそれほどときめかない。しかし、
lineわたしを信じて、には参ったな。
 あなたを好きですも、愛していますも、それこそ信じることはないが、「わたしを信じて」と真剣に言った女は初めてだった。