と利恵が興奮して言った。
「彼が道に出て、車の運転手を睨みながら止めちゃうんだよ。タイの繁華街じゃないんだから、逆に危険すぎるって。でも友哉さんは強引に車を止めてしまって、そしたら女の子たちが横断歩道を渡るってこと。死ぬ気? って言ったら、必ず止まるって笑ってるんだ」
「彼の一番悪いところ」
 ゆう子が肩を落とした。
「悪い?」