「うん、トキさんがそう言っていた」
「トキさんの話が本当なら、滅びたんだね。天皇家も他の日本人も」
「そうかもね」
 二人とも項垂れてしまう。
「友哉さんは天皇家と関係ない。晴香ちゃんの子孫が天皇家に嫁ぐ確率と比べると、たんに友哉さんと晴香ちゃんがトキさんのご先祖様の方が確率は高い。どちらにわたしたちが巻き込まれるかって確率よ。わたしの理屈分かる?」