「知ってる。この前、レンタルして見てみた。B級映画なんだけど、舞台俳優とか出ていて、良い作品だった。途中で観るのやめたけど」
「なんでやめたの?」
「律子さんの話のような気がしたから」
 ゆう子が嫉妬を剥き出しにしたのを見た利恵は、
「あれは違うと思うよ。友哉さん、料理に興味ない」
と笑った。物語は、料理が得意な夫の妻が浮気をしているうちに味覚障害になるというものだった。