その女優の彼女は、なぜか利恵に握手を求めて、利恵もなんとなくその手を握り、彼のいる席に戻った。
 利恵はすぐに店を出て泣いた。
line学生時代の乱交は知られたくない。彼といた時はセックスばっかり。それで内面を見てほしいってdots。夢を語り合う余地はなかった。遊んでもらっていたのだから。そうだ。わたしがバカすぎた。
 涙はとめどなく流れて、彼と女優がいたカフェの窓を見た。
line本気にはなれなかった。奥さんがいたし、セックスばかりだったから。だけど、好きだった。