「二択ならね。ここにもうひとり女がいたらそっちを取る。あんたもわたしもどう見ても心の病を抱えていて、友哉さんはそれを勝手にないものとしていて、症状が出たら言葉ではなく優しさで包む男性。彼もそれに疲れてきたら、まともな女を選ぶって。遺作にもあったよ。癇癪を起こす若い妻をそっと抱きしめるの」
「遺作じゃないけどdots。『また妻に会いたい』の前半でしょ。わりと厳しい言葉を言うのよ」
「わたしにも最初厳しかった。でも優しい言葉は三日しかもたないって書いてあった」