「わたしのことは抱く気満々だったけど」
 利恵が失笑する。そして、
「ここに来る前に叱られたんだ。友哉さんにしてみれば、わたしとゆう子さんが女子会をやるのが嬉しかったみたいなのに、わたしが違う超つまんない話ばかりしてたんだ。ぶん殴られるかと思ったけど、その後、優しくしてくれたから今、ここにいる。彼は言葉は厳しいけど態度は優しいよね」
「何をしてくれたの?」
「その小説と同じようなことよ」