と言った。利恵には聞こえない。
「利恵ちゃんとドラッグのセックスをしないのはなぜ?」
「え? 希望されないから」
「知らなかったらしいよ。言えばやってあげるの?」
「言えばなんでもやるよ。利恵、知らなかったのか。おまえから筒抜けだと思っていたのに。やる時は翌日の仕事に影響がないように」
 ゆう子が、利恵に友哉の言葉を伝えると、利恵は「言えばしてくれるんだ。良かった。別の理由があるのかと思ってた」と、胸を撫で下ろした。