「も、もったいなくてdots
 声が上擦った。しかも肩をすぼめてしまっている。
「もったいない? なにそれ」
「証拠かな」
「証拠? なんの」
 続く言葉を作ろうとしたゆう子の歯が震えているように見えて、利恵は質問する言葉を止めた。
 元彼で覚えた性癖を指摘されるのは、余程恥ずかしいのか辛いようだ、と利恵は分かった。
 裸で部屋を歩き回るのは、恐らくセックスの時だけではなく、子供の頃からずっと。