「まだしてない」
「するの?」
「うん。わたしからお金をもらってやるって言って、そのお金がわたしの口座にある以上、やるよ。なんか時間をかけた大掛かりなセックスは やる気になるの。お金は、一億円以外はもらわないで。その方がわたしも気が晴れるし、上手な男がいたら体調もよくなるかも」
「友哉さんも、いつでもできる男性じゃないからね。体調が良ければ、十人くらいの女を一度に抱けると思うけど」
「そう。疲れてわたしを抱けない日が多いから、セックス依存症のわたしに寝取りを提案してきたのかもしれないし」