「依存症なんだ」
「最近、そんな気がしている」
「セックス依存症の彼女に、他の男と寝てこいって言う男は、精神が強いと思うよ」
「わたしを愛してないのよ」
「違うよ。友哉さんは、女は誰も愛さないの。それが逆に目の前の女に愛を与えるのよ」
 ゆう子の言葉に、利恵がくすりと笑った。
「さすがです」
と、ゆう子を小さな声で褒める。